めぐみ保育園

クラスだより

れんげホーム5月号

新年度が始まり1ヶ月が経ちました。初めは新しい環境になり担任も変わり、不安がいっぱいあった、りすさんも朝の母子分離のときは笑顔で「いってらっしゃい!」と言える姿が見られるようになりました。きりんさん、ぞうさんも年下の子がれんげホームに来てくれることが嬉しくて、お兄さん*お姉さんになってりすさんをトイレに連れていってくれたり、ランチルームまで手を繋いで行ってくれたりととても頑張ってくれています。だんだんみんな1日の流れもわかって来て、「お片づけ終わったら外で遊ぶん?」「もうすぐご飯?」など見通しを持って過ごせるようになりました。
 初めは、同年齢同士で遊ぶ姿がほとんどでしたが、お友達の名前も少しずつ覚えてきて「〇〇くんどこにおる?」「一緒に遊ぼー!」など自分たちから遊びに誘って楽しそうに遊ぶ姿が見られるようになりました。
 4月はお友達をテーマに過ごしてきました。お友達カードを使って自分の自己紹介(名前、自分のマーク)をしてもらい、そのあとにお友だちのマークをとってお友だちに渡しに行ったりといろんなゲームをして遊びました。初めは、誰のマークかわからないことがたくさんありましたが、自分から知ってる子に聞き、教え合うことが出来ていました。ゲームの中で異年齢での関わりが増えたり、コミュニケーション力が育ってほしいなと思っています。
 散歩へ行くときもぞうさんはりすさんと手を繋いで散歩へ出かけます。4月は昭和山の広場や、公園、頂上へ行ったり、小林公園へ行きました。その中で桜がいっぱい咲いているのを見つけると、「先生〜!桜あった〜!」と走って行ったり、「この花なんやろ?」と友だちと図鑑で調べたり、匂いや感触、花びらの枚数など数えたりして、いろんな経験をしていましたよ!だんだん桜が散って行くのを見て、「桜枯れちゃったな...」とちょっぴり寂しそうな顔をする子どもたち。しかし、子どもたちの大好きな昆虫などもたくさん出てきて、散歩へ出かけても草むらなど虫探しを楽しんでいます。
 5月は、散歩でもたくさん見つけた春の花をテーマに過ごして行きたいと思います。みんながよく知っている桜やオオイヌフグリ以外にもどんな花があるのか探したり、調べたりして過ごして行きたいと思います。親子遠足で行くサバーファームでもたくさんのポピーなど咲いているようです。みんなで春の花に触れて楽しみたいと思います。
 5月12日(金)にれんげホーム懇談会があります。お忙しいとは思いますが、参加よろしくお願いします。

れんげホーム5月号

5月は、れんげホームでのはじめての生き生きクッキングがありました。今回は、ご飯とお味噌汁を作ろうということで、おにぎりにするのか、どんな味付けにするのか、どんな野菜を入れておみそ汁を作るかなどみんなで相談をして決めました。子どもたちは、自分が食べたいものを一生懸命考え、みんなに自分の思いを伝えて、自分と違う意見が出ると“それもいいな!!”と迷ったり… みんなで相談し、今回はゆかりおにぎりと、具だくさんお味噌汁に決定!!作るものが決まれば、“先生買い物はいつ行くん?”“いつがクッキング?”とすごく楽しみにする姿が見られましたよ☆★
 そして、お買い物の日は、小西さんとする積み木あそびの日でした。朝小西さんを見つけると、“今日はクッキングのお買いものに行くねん!”と報告をしている姿も… りすさん、きりんさんは、積み木あそびをし、ぞうさんは、お部屋で遊びながら、“今日はなに買わなあかんっけ!?”とスーパーの買い物にドキドキワクワクしていました。そして積み木あそびが終わると、みんなでお部屋も片付けて、スーパーで買うものを確認し、今回はサンディへれっつごー!サンディに着きお買い物は、ぞうさんにお願いして、りすさんきりんさんは、お店の外でお留守番。“(買うもの)忘れ物しないでね~!”とぞうさんにしっかりお願いしていましたよ!ぞうさんには、2人組に分かれて、食材を1つずつ探してきてもらったり、みんなでお店の中を探しに行きました。ほかのお客さんのことも考えて、広がって歩かない、大きな声は出さないと自分たちで意識し、買い物をすることができました。カゴも協力してレジまで運んで、お金を払いお釣りも自分たちでもらってもらいました。保育園までの帰り道も、りすさんと手をつなぎ、反対の手には、買ったものを入れたカバンを持ち… さすがぞうさん!と感じた子どもたちの姿でした。
 そしていよいよ17日はクッキングの日!みんなエプロン三角巾をつけて準備します。“美味しいの作ろうな!”と張り切っていました。みんなが準備できると、ランチルームへ移動し、田原先生のお話をしっかり聞き、りすさんきりんさんぞうさんに分かれて調理開始!りすさんは、初めてのクッキングを楽しんでほしいということで、今回はお米研ぎに挑戦しました。2人ずつ、水を入れてこぼさないようにそ〜っと研ぐ姿は、とても可愛く、“先生できたよ!”と嬉しそうに報告もしてくれました!きりんさんは、お味噌汁に入れる具(ねぎやうすあげなど)をハサミで切ったり、おにぎりに入れるゆかりをすり鉢ですってもらいました。ハサミの数に限りがあり、順番に回しながら使いましたが、みんな待っている間も座って待ち、“(切るの)おっきいかな?”と友だちと確認しながら、とても上手に切ることができました。ぞうさんは、初めての包丁を使いました。お部屋でも“切るときは猫の手!”とみんなで話ししていて、野菜を切っている顔は、真剣そのもの!初めて使った包丁でしたが、みんなおうちでお手伝いもしているようで、とても上手に使うことができていました!
 みんなの調理が無事終わり、約40分後… “できたよ~!”と炊き上がったご飯を使っておにぎり作りをしました!炊きたてでまだ熱かったですが“いい匂い~!”ととても嬉しそうな子どもたち☆★おにぎりができると天気も良かったので、この日はテラスで食べました。りすさんに、“このご飯りすさんが研いでくれたねんで”と伝えると、満面の笑みのりすさん!きりんさんぞうさんも、“これ○○が切った野菜やで!”と嬉しそうに教えてくれました。おにぎりもお味噌汁もとても美味しくて、すぐに全部なくなってしまい、“美味しかった~!”“もう食べられへん…”と大満足だったようです。
 生き生きクッキングを通して、みんなで協力して作る楽しさ、苦手な野菜も自分たちが作ったから頑張って食べてみる姿など子ども達と楽しみながら、貴重な体験ができたと思います。また実際に触って、匂ってなど五感も使う体験をみんなで出来て、遊びの中でも、“あげはヌルヌルしてたな!”など表現したりする姿を見て、子どもたちにとって実際に体験するということで色んな事を知っていく大切なことだなと私も改めて感じることができました。また、課業なども通して、いろいろなことを子どもたちと一緒に体験出来たらいいなと思います。

今月は、昆虫をテ一マに過ごしました。最初に昆虫カ一ドを使って名前当てクイズをしたり、次にスリ一ヒントゲ一ムで①足が6本あります~②土の中に住んでいます~③エサを見つけたとき仲間をよんできます。答えは~アリといふうにクイズをして遊ぶと友達同士でも問題出す人と答える役になって楽しんでいました。昆虫の名前がわからないときは、絵を見せてあげ工夫して遊んでいました。お家でも親子で昆虫クイズをして楽しんでいるお友達がいることを知り大変嬉しく思いました。子ども達は虫や幼虫の発見がとても上手です。園庭ではアリやだんご虫を夢中になって探し見つけた時の嬉しそうな顔!!そんな子ども達に共感しながら、こちらまでわくわくしてきました。子どもの探究心を満足するまで満たしてあげたいです。又散歩でみつけたアゲハの幼虫をお部屋の虫かごに入れて皆で育てることにしました。子ども達と一緒に毎日観察していました。幼虫のごはんは何かな?図鑑で調べて葉っぱを入れていました。お部屋でわらべうたをしたあと、昆虫大好きの男子がさなぎの背が割れてアゲハになる瞬間にきづいて成虫になったときは大歓声でした。昭和山広場へ行って外へ飛び立つ姿を見ながら「元気でね~ばいばい~」“お花のみつすってね~”と言いながら見送りました。生き物の誕生を見たことがなかったので子ども達と共に感動を味わうことができました。小さな生き物と出会い、いたわりや大切にする気持ちを大事にしていきたいです。 6月になり子ども達が何より心待ちにしている夏祭りで披露するぞうさんは、♪島人の宝♪・きりんさんは♪あしびな一♪をパ一ランクとバチをもってエイサ一にとりくんでいます。お家の人が来ると「ちょっとはずかし~緊張するな~」と言いつつ毎日やる気十分になり笑顔で楽しんでいます。りすさんは、♪てぃんさぐぬはな♪の踊りをうたに合わせて喜んで表現しています。一生懸命取り組んでいる子ども達と一緒に夏祭りの日を楽しみにしたいと思っています。
7月は素材をテ一マに過ごしたいと思います。身近にある(水・土・砂・石・木・紙)な
どどんな感触するのか五感を働かせながら知っていきたいと思っています。    

れんげホーム2017年度4月号

今年度のれんげホームは、ぞうさん10名、きりんさん10名、そして新たにりすさん9名を迎えて、計29名でスタートします。りすさんが入ってきたことで、ぞうさん、きりんさんは、自分たちが大きくなったことを実感し、1つ大きくなったと喜びを感じています。お散歩に行く時は、ぞうさんがりすさんに「一緒に手つなごう。」と誘いに行ってくれたり、きりんさんもお片付けを「ここやで~」と教えてくれたりと、とっても頼もしい姿が見られます。りすさんも、初めての環境でしたが少しずつ慣れて、「これして遊びたい!」とお話ししてくれる姿がたくさん見られるようにないました。 
 今までにたくさんお兄ちゃんやお姉ちゃんにしてもらったことを、今度は自分たちがする番!優しいお兄ちゃんお姉ちゃんになる!ときりんさんもぞうさんも張り切っています。今年度もお友達の気持ちに自分たちで気づき、今どんな気持ちなのか、どうしたらうれしい気持ちになれるか考えることができる優しい子どもたちになれるようにみんなで考えていきたいと思います。
 そこで4月は「お友だち」をテーマに過ごしたいと思います。自分の名前、マークを自己紹介したり、好きなもの(食べ物や遊び)を紹介して、お互いのことをどんどん知っていきたいと思います。また、ぞうさんきりんさんはクラスのマークのれんげ畑遠足も予定しています。
 この一年、色々な活動や体験を通して、自分たちで感じたり、発見する喜びをお友だちに伝えて、共感する楽しさをたくさん感じてほしいと思います。
 一年間、どうぞ よろしくお願いします。

れんげホーム3月号

2月は、「職業」というテ一マで過ごしました。
最初にいろんな仕事の(消防士、美容師、病院、郵便、調理師〜)カ一ドを準備しました。
りすさんは、仕事のカ一ドを引いてもらい、その後にきりん、ぞうさんは、仕事で使う道具のカ一ド取ってもらって自分のカ一ドを見て同じ職業のグル一プに分かれてもらい何の仕事か道具の名称をグル一プ毎に発表してもらいました。
道具の名前が分からないと「これ、何か教えて〜」と言っているお友達にやさしく伝えてあげていました。又、ある子は、友達に聞く前にカ一ドを皆に向けて「これ何ですか!」と逆に質問していたのでよく考えているな〜と関心しました。