めぐみ保育園

クラスだより

れんげホーム5月号

新年度が始まり1ヶ月が経ちました。初めは新しい環境になり担任も変わり、不安がいっぱいあった、りすさんも朝の母子分離のときは笑顔で「いってらっしゃい!」と言える姿が見られるようになりました。きりんさん、ぞうさんも年下の子がれんげホームに来てくれることが嬉しくて、お兄さん*お姉さんになってりすさんをトイレに連れていってくれたり、ランチルームまで手を繋いで行ってくれたりととても頑張ってくれています。だんだんみんな1日の流れもわかって来て、「お片づけ終わったら外で遊ぶん?」「もうすぐご飯?」など見通しを持って過ごせるようになりました。
 初めは、同年齢同士で遊ぶ姿がほとんどでしたが、お友達の名前も少しずつ覚えてきて「〇〇くんどこにおる?」「一緒に遊ぼー!」など自分たちから遊びに誘って楽しそうに遊ぶ姿が見られるようになりました。
 4月はお友達をテーマに過ごしてきました。お友達カードを使って自分の自己紹介(名前、自分のマーク)をしてもらい、そのあとにお友だちのマークをとってお友だちに渡しに行ったりといろんなゲームをして遊びました。初めは、誰のマークかわからないことがたくさんありましたが、自分から知ってる子に聞き、教え合うことが出来ていました。ゲームの中で異年齢での関わりが増えたり、コミュニケーション力が育ってほしいなと思っています。
 散歩へ行くときもぞうさんはりすさんと手を繋いで散歩へ出かけます。4月は昭和山の広場や、公園、頂上へ行ったり、小林公園へ行きました。その中で桜がいっぱい咲いているのを見つけると、「先生〜!桜あった〜!」と走って行ったり、「この花なんやろ?」と友だちと図鑑で調べたり、匂いや感触、花びらの枚数など数えたりして、いろんな経験をしていましたよ!だんだん桜が散って行くのを見て、「桜枯れちゃったな...」とちょっぴり寂しそうな顔をする子どもたち。しかし、子どもたちの大好きな昆虫などもたくさん出てきて、散歩へ出かけても草むらなど虫探しを楽しんでいます。
 5月は、散歩でもたくさん見つけた春の花をテーマに過ごして行きたいと思います。みんながよく知っている桜やオオイヌフグリ以外にもどんな花があるのか探したり、調べたりして過ごして行きたいと思います。親子遠足で行くサバーファームでもたくさんのポピーなど咲いているようです。みんなで春の花に触れて楽しみたいと思います。
 5月12日(金)にれんげホーム懇談会があります。お忙しいとは思いますが、参加よろしくお願いします。