めぐみ保育園

クラスだより

ひよこ組8月号

 7月に入ってすぐ、夏まつりごっこに参加するようになると、
お部屋のあそびでもペットボトルをパーランクー(太鼓)に見立て、
ストローをバチにして幼児さんたちが踊っているエイサーを真似して遊ぶようになりました。

 音楽あしびなーの曲を口ずさむと満面の笑みでペットボトル叩き、曲の最後には「ヤー!!」のかけ声。
 曲が終わると「もう一回」と何度も繰り返し、夏まつりの余韻を今も楽しんでいます。
 夏まつり当日は、保護者の方々と一緒にわらべうたあそびをして頂き、
(ちょっぴり緊張の表情のお友達もいましたが)子ども達にとってとても嬉しかったことと思います。
 ありがとうございました。

そして、水遊びも始まり、暑い夏、水の冷たさ・気持ち良さを感じながらあそぶ子ども達。
 ベビーバスの水を手でバシャバシャと触ってみたり、
 洗濯スプーンですくってバケツや空のペットボトルに入れて「いっぱい!」と喜んだり、
 ジョウロに水を入れてシャワーのように流して楽しんだり…。
 すくった水を菜園している夏野菜(トマト、キュウリ、なすび等)の水やりしながら、
 「トマト赤くなった!」
 「(なすび)大きいな~」と観察も楽しんでいます。

園庭あそびの時には、夏野菜の観察~収穫もしてみました。
 ミニトマトの赤くなっているものを選んで1つずつ収穫したのですが、
 みどり~オレンジ~赤と色の変化を一緒に見ながら
 「赤くなってるのはどれかな?」
 「…これ?」
 「取ってもいいよ。」と声をかけ、自分で収穫できるととても嬉しそうでした。
 昼食時に食べると、苦手なお友達も「おかわり♪」と喜んで食べる姿も見られました。
 
 8月は、引き続き水遊びを楽しむとともに、氷や乾燥わかめを使ったあそびで色々なものに触れて
感触を楽しみたいな~と思います心