めぐみ保育園

お知らせ:めぐみだより

《「生き方上手?」日野原先生!》8月のめぐみだより

《「生き方上手?」日野原先生!》


105歳の日野原重明医師が亡くなられました。
聖路加国際病院の名誉院長として、数々の医療実践を重ね、数多くの著書や講演、エッセイそしてミュージカルと幅広く、社会の中で生き貢献されたことは有名です。医療を始め、「新老人」きっといろんな立場から先生の生き方を、真似できないながらも、励まされ支えとしている方々が多くいたのではないかと思います。

自分自身の生き様そのもので実践された先生は、戦争の時代を生き、東京大空襲の負傷者を内科医として、軍医として救護されました。多くの民間人の死者をうみだした戦争そのものに一貫して反対されていました。

最期に自分の生涯を顧みて、
自らが生まれてこうなったことは意味があると考えられるように、
今日を生きることである。

 「いのち」の大切さを、10年以上子どもたちへの出前授業を通して伝え、「いのちの授業」の中で「命とはなにか?」「いじめはなぜいけないのか?」と未来を担う世代へメッセージを残されてきました。「戦争への反省の気持ちが薄くなっている。戦争は破壊以外の何ものでもない。プラスのものは何も生じない」と平和を希求されました。

私たちに与えられた恵みを数えてみれば、どんな逆境にあったとしても、
受けているもののほうが、与えられるものよりも多いことに気づく。
受けた恵みを、どこかで返そうと考えたいものである。

 この8月子どもたちと共に「平和を考える日」の時間をもちます。楽しいこの夏の日々は、常に自分たちを生み励まし支えてくれる人の存在によってあることを、幼いこころの中にも温もりとして感じ取ってほしいと思います。

年を重ねてもなお、常に自分の中にミッション(使命)をもち、「未知の世界に飛び込んで、やったことのないことをやることによって、使ったことのない脳が動き出す」と精力的に生き抜かれた姿に感銘を覚えます。そしてその意志が又、子どもたちにも引き継がれ大切にされたいと思います。
「最後にああ生まれて良かったと思いたい」の言葉のように、一日一日を自分らしく大切に生き楽しみ、苦労も乗り越えていける人生を、私たちも、子どもたちも送っていきたいですね! 奥田輝代
              

8月の行事予定


2日 水 たんぽぽクッキング
3日 木 れんげクッキング
4日 金 害虫駆除(保育終了後)
5日 土 害虫駆除後の掃除・お弁当の日
8日 火 避難訓練
12日 土 ~15日(火)夏期合同保育
24日 木 平和を考える日
29日 火 積木遊び(幼児)
30日 水 プール納め
31日 木 にこにこサロン心