めぐみ保育園

クラスだより

れんげだより9月

 今月は、子ども達の大好きなプールで身体をたくさん動かし遊びました。お部屋遊びをしていても、「もうすぐ片付けする?」「今日はプールやんな?!」と毎回とても楽しみにしていました。はじめは、水着に着替え、服をたたみ袋に入れるのに、少し時間がかかっていましたが、シャワー、プールと毎日着替えをすることによって、上手にできるようになり、時間も少しでできるようになってきました。りすさんも、はじめは保育士やお兄ちゃんお姉ちゃんの手を借りながら、着脱をしていましたが、今では一人で服を脱いでたたみ、袋に入れることができるようになりました。
 そしてプール遊びでは、まずは水になれるためにばた足をしたり、わに泳ぎやかえる跳びなどして遊んでから、りすさんきりんさんは、ビート板を使ってふし浮きをしてみたり、子どもたち自ら顔をつけて泳ぐ子もいてました。最後には、りすさんきりんさんが2人ペアになり、お互いのビート板を引っ張り合いっこもできるようになりましたよ☆★ぞうさんもビート板を使って自分たちで端から端まで泳いでみたり、背中にビート板を敷いてらっこおよぎ(子どもたちはくらげみたいと話す子もいてました)を楽しんだり、水の中で目を開けて水中じゃんけんに挑戦したりと、今年のぞうさんは本当に意欲的で、いろんなことに挑戦して遊ぶことができました。プールに入れる回数が少なくなると、ちょっぴり寂しそうな子どもたちですが、9月からは、運動会ごっこなど10月の運動会に向けて身体をたくさん動かしたいと思っています。気候を見ながらシャワーも続けていくので9月は毎日シャワーの準備、視診票のチェックも忘れずにしてくださいね。ご協力よろしくお願いします。
 そして、24日には子どもたちと一緒に“平和とは何か”について考えました。実際にあったお話を子どもたちにした後に、りすさんきりんさんは気持ちカードを使って、お話の中で感じた気持ちを自分の言葉で発表してもらいました。それぞれが感じること、表現の仕方も違い、聞いていて「そんな風に思ったんだ…」とこども達の表現はとてもいいことばかりでした。ぞうさんも一人一人に感想を書いてもらいました。やはりぞうさんだからこそ感じた事、表現があり私たちも子どもたちと一緒にたくさんのことを学ぶことができた日になりました。
 9月は、運動会ごっこをしたり、地域をテーマにして過ごしたいと思っています。みんなが住んでいる大正区には、どんな施設があるのか散歩に行き、見に行きたいと思います。