めぐみ保育園

クラスだより

ひよこ組だより 11月

外あそびでは、体をたくさん使って遊ぶことを楽しんでいました晴
アスレチックが大人気で、階段を1つ1つ上ってすべり台のところまで到着すると、保育士にうれしそうに手を振っている子がいたり、丸太の坂から上ろうとしていたり、、、でも、なかなか難しく保育士に「抱っこ~」と求めている子もいました。「大丈夫やでー。ここ(手すり)持ってしてごらん」と保育士が励ましながら、後からそっと支えてあげると“やってみよう”と自分で手すりをしっかり握って1歩1歩上がっていきました。それが出来たことが本当にうれしそうで、何回も繰り返し挑戦していました。そんな様子を見て“私も♪”とやってみる姿もあり、一人で上りきる子も出てきていました。
また、フープを使って電車の運転手になりきって、にこにこ笑顔で「乗ってくださーい!」とお友達や保育士に声をかけて、その電車に乗ってあちこちを走り回って遊んでいる子もいました。ホースで作った丸いわっかを並べて保育士がその中を“グー・グー・パー”とジャンプすると、喜んでそれを真似てホースをまたいだり、ジャンプのつもりで屈伸してみたりと、それぞれが思い思いに体を動かして遊んでいましたよ。
お部屋には新たに、キッチン台やフェルトで作った食べ物、レンゲを用意しました。それまでもタッパにチェーンリングを入れてごはんを作っていたので、新しいキッチンも大喜びです。流し台のところにチェーンをいっぱい入れて、洗うような仕草をしていたり、ボウルやお皿をあれこれと棚から出したり、とってもいきいきと嬉しそうに使っています。キッチンの前のテーブルには、作った料理やペットボトルを並べてたり、レンゲやストローを持ってきて食べるまねをしていました。また、つくった“ごはん”を保育士に持ってきて「あーん」と言いながら食べさせてくれたりもします。まるで小さなお母さんのようですよ(^^)
11月はお散歩などで秋の草花や自然に触れながら、探索遊びを楽しみたいと思います。