めぐみ保育園

お知らせ:めぐみだより

《子どもたちのステキを伝えたい!》12月のめぐみだより

《子どもたちのステキを伝えたい!》


11月は楽しい取り組みがたくさんありました。ふれあいまつりを始め、ミカン狩、鰯のつみれ入り収穫野菜鍋パーティ、お好み屋さん等々忙しくて楽しい日々でした。大正北中学の生徒さんも職業体験で訪れ、久しぶりに卒園生に再会し頑張っている姿を頼もしく感じました。12月もお餅つき会にクリスマスや幼児保育参観と楽しみがいっぱいですね。一日一日大切に過ごす中で、年を重ね成長していく姿がうれしいです。

保育園では各クラスやホームで、子どもたちが過ごす日々の生活を写真やことばでお伝えできるよう掲示をしてきました。運動会や行事の際に、見える子どもたちの顔だけでなく毎日の生活の中で、見せてくれる日々変化する姿を切り取って、保護者の方々にお伝えすることができればと思います。集団の中で過ごす我が子であったり、ひとり黙々と自分の世界に熱中している姿であったりします。運動面や作品で「上手にできた!」「負けちゃった!」と結果だけで見ることなく、一人ひとりが取り組み、悩み、工夫して育っていく姿を保護者の方々と一緒に感じとりながら、私たち大人も言葉かけや態度で子どもたちと共に考えながら、向き合っていくことを大切にしたいと思います。
乳児クラスにとっても毎日は難しいですが、子どもたちの生活の中で見せる表情や姿を通して安心して頂き、日々の日誌やお便りと共に育ちを見て頂けるようにと思います。十分に一人ひとりお伝えできないところもありますが、お友だちとの関わりや遊びの内容を理解して頂きながら一緒に育ちを支えていける手助けになればと考えています。

子どもたちの姿を育ちのエピソードとして伝え、①関心を持つこと ②熱中すること ③困難ややったことのないことにチャレンジすること ④他者とコミュ二ケーションすること ⑤自ら責任を担うことの目安を通して、子どもたちの経験が成長や発達のストーリーになります。私たち職員にとっても、写真や子どもたちの育ちをお伝えする中で、子どもたちへの関わりや理解の仕方を振り返る大切な機会になります。そして、子どもたちにとっても、自分の姿、お友だちや仲間との姿が励みになったり、喜びや自信として次に向かう力になってくれるとうれしいと思っています。
一日一日の子どもたちの姿を、保護者の方々と共に見つめ話し合いを持ちながら、「育ちと学びの物語」を大切な糧として子どもたちを見守っていきたいと思います。     奥田輝代

12月の行事予定


2日 土 お餅つき大会心
5日 火 避難訓練
7日 木 めぐみ教会でのクリスマスのお話
15日 金 クリスマスクッキー作り
16日 土 幼児保育参観・クリスマス会心
19日 火 積木遊びの日
25日 月 ホームクリスマス
28日 木 保育納め
*保育始め は2018年1月4日(木)です。 心は保護者参加行事です。