めぐみ保育園

クラスだより

かめぐみだより 12月

12月に入りますます寒さも厳しくなってきましたね。
そんな中でも子どもたちは元気よく体をたっぷりと

動かして遊んでいる様子をたくさん見みることが出来ました。

そこでかめぐみのお部屋でもたくさん体を動かせるように、

木製の滑り台や、ウレタン積み木、トンネルなどを置いてみました。

低月齢の子どもたちも一人立ちから少しづつ歩行も始まり、

自分から坂道やでこぼこ道を渡ったり、自らスクッと立ち上がり、

保育士の所まで歩いてこれるようになり微笑ましい姿が見られるようになりました。

高月齢の子たちは今月から園庭へ出て遊ぶ事も始めました。

外では砂場で感触遊びを楽しんでいます。

砂場では大人がスコップで砂をすくってみせると、

子どもたちも喜んで大人の真似をしてスコップですってくれます。

また探索遊びも盛んで、「ここには何があるのかな~」と

自分の興味のあるところへ歩いていき、

お花や他のクラスのお友達が遊んでいるところを

ジーと観察している姿もあります。

 12月は大人と一緒にわらべうたのしぐさ遊びなどを楽しんだり、

お友達の事にも少しづつ興味が出てきたので

「どうぞ」「ちょうだい」などのやり取りを遊びの中で楽しんでいきたいと思います。